建築施工のゴールは同時に維持管理のスタートでもあります。いかに配慮を巡らせた建物でも経年変化による影響を避けることは不可能です。
また、どんなに優れた設備であっても将来まで最新鋭でありつづけることはできません。
大切なのは良好な状態をできるだけ長く維持し、時代の変化に柔軟に対応していくこと。そこで欠かせないのが、定期的な保守点検の導入と的確な補修改善の実施です。
古木建設はメンテナンス・リニューアル面でも充実した体制を整備。お引渡し後の建物のアフターサポートはもちろんのこと、既にご所有の建築物の保守・改善についてもご要望にお応えし、長期的視点で建物の性能と資産価値の維持をお手伝いいたします。
■主な工事
○外壁補修・改修工事  ○防音工事
○倉庫・工場の改造 ○耐震補強工事 ○防水改修工事          
保守点検で重要なことは、綿密な計画に基づき、定期的なチェックを徹底することです。当社では建物の工法や用途、築年数などに応じた点検の時期と項目を詳細に設定。さらに万一の緊急時にも迅速な対処で、原因箇所の発見・補修を行なうよう努めています。
集合住宅や商業ビルでは入居者やテナントの満足を確保するために、美観や性能を再生し、ステージの環境を新しく快適なものに高めていくことが大事なテーマになります。例えば、外壁塗装の改修や耐震・耐久性能を維持・向上させるための構造補強工事など。こうした様々なリニューアルもお任せください。
屋上緑化などにも使われる
「R-パレットシステム」
■メンテナンスとリニューアルの長期修繕計画例

■修繕例

リニューアル前 リニューアル後 リニューアル前 リニューアル後
リニューアル前 リニューアル後 リニューアル前 リニューアル後
リニューアル前 リニューアル後
↑ページのトップへ
トップページごあいさつ会社概要事業案内建設事業|メンテナンス・リニューアル事業|不動産事業沿革お問い合わせ
Copyright(C)2001-2013 FURUKI CONSTRUCTION CO ,LTD All Rights Reserved